〈LoLコラム第9回〉OTP(ワントリックポニー)は悪か

 はじめまして、こんにちは。こっとんNunuと申します。
 不定期で更新するLoLコラムのお時間です。
 初心者の方にもわかりやすく、読んでいただいた方には何かしらの知識や考え方といったメリットが生まれるように努力していきますので、よろしくお願いいたします。題材のリクエストやご意見ご感想もお待ちしております。

 第9回のテーマは「OTP(ワントリックポニー)は悪か」です。


私はヌヌOTPです

 現在のランクはゴールドⅣですが、アンランクからここまではほとんど「ヌヌ&ウィルンプNunu」と一緒に駆け上がってきました。

コラム9回
▲お世辞にも他チャンピオンが上手いとは言えない


 正直、自分ではこの状況を良しとはしていません。
 ノーマルやARAM(ランダムミッド)他チャンピオン他レーンをプレイすると、極端に成績が落ちます

 ヌヌは統計で見ても半年以上高い勝率を維持しており、これは全チャンピオンと比較しても稀有な存在です。Pick率Ban率が低く勝率が高いのは、jgチャンピオンで言うとトランドルTrundleやアイバーンIvernが同じような境遇です。

2
▲私のレート遷移

 2月8日の段階でシルバーⅠまで上がっているのですが、そこから落ち込んだのは他チャンピオンを使ったことが要因の1つです。
 そして、再度ヌヌを使い始めて現在に至ります。

OTPは悪か

 OTP…One-Trick Pony(ワントリックポニー)の略。直訳すると"一芸子馬"。「披露できるような秀でた才能や特技を1つしか持ってない人や物」という意味で、基本的には馬鹿にしたようなニュアンスを含むソース

 学校で教えてくれない英語ですが、LoLプレイヤーには聞き馴染みのある言葉だと思います。
 通常は馬鹿にしたようなニュアンスを含むこの言葉ですが、LoL(というかゲーム)における意味は、文脈によっては褒め言葉とも取ることができます。

 それでは、OTPの良し悪しを整理して考えてみます。

1.初心者がレートを上げるには手っ取り早い

 これは間違いないです。特にjgは対面と戦うことを避けようとすればいくらでもやり方があるため、チャンピオン相性がそこまで影響しません。
 他レーンでも、低レート帯ではCS簡単なマクロといった基礎的な部分の差が顕著に現れることも要因の1つです。

2.チャンピオンプールが狭まる

 チャンピオンプールとは、自分がある程度扱うことのできるチャンピオンの種類、いわば"手札"です。
 レートが上がれば、Ban状況やチームコンセプト、対面とのチャンピオン相性などを見て使用チャンピオンを変更していく必要が出てきます。勝率を上げるには確かに有効な手段です。
 しかし、OTPということはチャンピオンプールが極狭であることを意味します。

3.Ban/どこでもオプション で終わり

 OTPの最大の弱点と言っても良いです。使用チャンピオンがBanされたり、どこでもオプションによって他レーンに飛ばされたら残された道は多くありません。
 他チャンピオンで代替したり、Dodge(対戦拒否。チャンピオンを選ばなかったりクライアントを落とすことで可能。ランク戦ではLPに軽いペナルティが発生する)も選択肢の1つです。

4.OTPまでのプレイ歴にもよる

 プレイ歴によってもOTPの印象が変わります。
 初心者のOTPは「そのチャンピオンしか使えない」、上級者のOTPは「進んでそのチャンピオンだけを使っている」という印象です。当然私は前者ですね。
 前者が必ずしも悪いとは思いません。理由は後述。

5.極めればかっこいい

 OTPプレイヤーはチャンピオン理解度が一般プレイヤーよりも上であることを誇示しなければなりません。その結果が勝率にも現れるはずです。
 これは主観ですが、マイナーチャンピオンUdyrSkarnerLissandraKennenJayceであればあるほどかっこいいですよね。

関連記事
1体のチャンピオンを愛している配信者まとめ(動画紹介)
NAのアニーOTP AnnieBot氏が合計1000万マスタリーポイントに到達


 初心者がOTPになることについては賛否両論あると思います。私は進んでオススメしたいとは思いませんが、LoLの勝ち方という成功体験を積み重ねるのも上達への道の1つです。LoLはそれほどまでに、勝つのが難しいゲームです。
 勝てなくてLoLがつまらないという方は、マイナーだけど強いチャンピオンを調査してOTPになることも考えてみてください。


 それでは、今回はこのへんで。
コラム題材のリクエストやご意見ご感想ご批判がモチベーションになります。ぜひコメントをよろしくお願いいたします!

毎日1ポチがモチベになるブログランキングに参加中!