funplus

 Worlds2019で見事優勝したFunPlus Phoenixの軌跡をまとめた動画「Eyes on Worlds: Fly, FunPlus Phoenix, Fly (2019)」の日本語字幕版がYouTubeチャンネルLoLeSportsJP公開されたので紹介します。

eyes1

 冒頭ではRiot GamesのキャスターであるJatt氏が昨年のWorlds2018決勝『Invictus Gaming(CN) vs Fnatic(EU)』を引き合いに出し、「昨年がマグレではなかった証拠です。最強の座が決まりきっていた過去5年とは違います。」と始めています。

◆過去のWorlds決勝(左が優勝チーム)
season1: Fnatic(EU) vs against All authority(EU)
season2: Taipei Assassins(LMS) vs Azubu Frost(KR)
season3: SK Telecom T1(KR) vs Royal Club(CN)
2014: Samsung White(KR) vs Star Horn Royal Club(CN)
2015: SK Telecom T1(KR) vs KOO Tigers(KR)
2016: SK Telecom T1(KR) vs Samsung Galaxy(KR)
2017: Samsung Galaxy(KR) vs SK Telecom T1(KR)
2018: Invictus Gaming(CN) vs Fnatic(EU)
2019: FunPlus Phoenix(CN) vs G2 Esports(EU)

eyes2

 決勝の会場はフランスのパリ『ベルシー・アリーナ』のため、FPXにとってはドアウェーとなります。

eyes3

 使いまわし…?

eyes4

 この方、大会中継カメラでもめっちゃ抜かれてましたね。

eyes5

 もちろんFPXのファンもおり、LPL(中国リーグ)が競合地域であることの証明を望んでいます。

eyes6

 草Alistar

eyes8

 G2のmidレーナーであるCaps選手は昨年までFnaticに所属し、Worlds2018では7年ぶりのEUチーム決勝進出に貢献しました。そんなチームから離脱して他のチーム(G2)に所属するという判断に、当時は驚きの声が上がりました。
 圧倒的人気のFaker選手が率いるSKTを破ったG2への期待は最高潮。対するFPXも、midレーナーDoinb選手の意表を突くピックと素直な人間性で、一躍話題の人になっています。Doinb選手の戦略にCaps選手がどう対応するのかが見どころの1つとなりました。
 
eyes9

  1試合目はDoinb選手のmidノーチラス。レベル3からtopレーンへロームしてタワーダイブ、ファーストブラッドを獲得しました。

eyes11

 LPLのキャスターであるwawa氏は、「Doinb選手のプレイスタイルが変わった主要因は、jgのTian選手と2人で試合を動かせるようになったから」と分析。Worlds2019ではTian選手が毎試合の序中盤のテンポを掴み切ることができていました。

eyes12

 結果はご存じの通りです。Doinb選手をはじめ、FPXの面々はそれぞれのやるべきことをやり、見事優勝に輝きました。

Eyes on Worlds:翔べ FunPlus Phoenixよ 翔べ(2019)

Nunuこっとんの一言
大会メインテーマといえばK/DAも好きだったけど、Phoenixが良すぎる。アガるね。
ブログランキングに参加中!