#Worlds2020 の開催が正式決定!2021年も同じ上海での開催へ

 Riot Gamesは、「2020 Season World Championship(Worlds 2020)」を予定どおり上海での開催としたうえで、来年(2021)も同じ上海で開催することを明らかにしました。


 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により詳細が不透明だった「Worlds 2020」ですが、本大会は『LoL』の世界大会であると同時に「開催国のeスポーツシーンや文化的側面を紹介する機会」であるとし、来年度の同国開催を決めたとのことです。
 この決定により、2021年に予定されていた北アメリカでの開催は2022年にずれ込むことになります。

◆Worlds 2020 概要

開催国: 中国(上海)
開幕日: 9月25日(金)
決勝日: 10月31日(土)
スローガン: TAKE OVER(継承の時)
備考: Worlds開催は10回目

◆過去の優勝チーム
2011年: Fnatic(ヨーロッパ、LEC)
2012年: Taipei Assassins(台湾、LMS)
2013年: SK Telecom T1(韓国、LCK)
2014年: Samsung White(韓国、LCK)
2015年: SK Telecom T1(韓国、LCK)
2016年: SK Telecom T1(韓国、LCK)
2017年: Samsung Galaxy(韓国、LCK)
2018年: Invictus Gaming(中国、LPL)
2019年: FunPlus Phoenix(中国、LPL)


Worlds 2020 アップデート



継承の時 │ Worlds 2020




Nunuこっとんの一言
 開幕式たのしみ